自己紹介

ちびデブのわたしがモデルと呼ばれるようになるまで

はじめまして。はると申します。

10代の頃からぽっちゃりで、156センチ53キロという決してプロポーションが良いとは
お世辞にも言えなかった私ですが、

20代後半から、こう言われる事が多くなったんです。

「お客さん、すごくスタイル良いですね。モデルさんですか?」

美容師さんからも、こう言われました。

「さっきのお客さん、はるさんを見てあの人モデルさんですか?って聞いてきたんですよ。」

私が?ぽっちゃり(よく言えば中肉中背)の私が?

なぜそんな事を言われるようになったのでしょうか。

痩せたから?いいえ、実は体重は全く変わっていないのです。

現在でも正真正銘の156センチ53キロです。(しつこいですね(;’∀’))

思えば10代の頃から、食べることが大好きだった私は、
成人してからお酒も大好きになり、体重を落とすという事はほぼ諦めていました。

それでも、どうしても譲れなかったことがありました。

それは、「小顔であること」「スタイル良く見せること」

の2つです。

体重が標準体重でも、この2つを押さえてさえいれば、太って見えないどころか、

本当に痩せて見られる事も可能なのです。

巷にはたくさんの小顔マッサージ法やトレーニング法があふれていますが、

私の紹介する方法はマッサージやトレーニングに特化しません。

小顔になるには多方面からのアプローチがあります。

私も、20代の頃は色んなことを試しました。

パンパンの顔がいやでいやで仕方ありませんでした。

顔がむくんでいるだけで気分も体調も悪く感じ、とてもネガティブな性格になっていました。
マッサージやトレーニングはやればやるほど肌にダメージが蓄積されるような気持になり、

まったくと言っていいほど逆効果でした。

そんな20代を過ごしましたが、30代目前にしてやっと小顔が叶ったのです。

全く痩せてないのに、見た目は激変しました。

少しの努力をしましたが、とても簡単なことでした。

「なんだ、こうすれば良かったのか!」と、長年悩みの種だった事が
サーっともやが晴れて視界が冴えわたったようでした。

20代の頃より30代の今のほうがきれいだと自負していますし、毎日が楽しく、幸せを実感しています。

小顔になるアプローチは、24時間365日どのタイミングにもあります。

お金をかけず、得する人生を小顔で手に入れませんか?

私はあなたの気持ちがわかります。あなたを応援しています。